CA101シャンプーの効果を実感してみよう!絶対に納得できます!

Pocket

加齢と共に感じる髪の衰え・・・

      1位     2位    3位

30代   ぱさつき   抜毛    白髪

40代   白髪    くせ毛    薄毛

50代   白髪     薄毛    ボリューム

上記のように、年代別で女性の髪の毛の悩みが増加してくるんですね。

自分では毎日、きちんとお手入れしているつもりなのに何故なんでしょうね。

シャンプーだって、若い頃とは違い品質にこだわるようになったのに、なぜか効果が

あまりないような気もする・・・(悲)

そこで登場するのがCA101シャンプーです。

CA101シャンプーは1万人の女性の頭皮診断をもとに、開発されたシャンプーです。

それだけでも、気になりませんか?

CA101シャンプーは頭皮を健康にする効果が凄い!

加齢によって髪のボリュームが少なくなるとか、白髪、薄毛は考えてみれば自然なこと

ですよね。

人間ですもの。身体のサイクルが加齢により変化すれば、お肌だって髪の毛だって

全身が変化していきますよね(笑)

ですが、少しの努力を毎日続ければ、その変化だって引き延ばすことが可能なのでは?

やはり、どれだけ手をかけてやるかにより結果も違うのでは?

CA101シャンプーは、「海泥」「薬用炭」「酵素」という成分が良い仕事をするのです

頭皮って、顔のTゾーンの約二倍の皮脂分泌があるのをご存知ですか?

古い皮脂は、新陳代謝により毛穴から排出されるのですが、頭皮の血行が悪いと皮脂が毛穴に

詰まりやすくなります。

怖い話なんですが、毛穴には皮脂だけでなく、花粉・カビ・ダニ・埃・角質などの様々な

物が詰まります。

この状態を放置しておくと・・・・

■ 頭皮から嫌な臭いがする

■ 抜毛が多くなる

■ 頭皮ニキビが出来る

■ 健康な新しい髪が生えにくくなる

このような事がおこります。

加齢によるトラブルもあるのに、頭皮のお手入れ不足で、かぶせるようにトラブルが

起こるなんて、とんでもないですよね。

そのような状態を改善してくれるのがCA101シャンプーなんです。

CA101シャンプーに配合されている「海泥」「薬用炭」「酵素」って何?

CA101シャンプーを初めて手のひらに出したときに、真っ黒なのでびっくりする方も多い

でしょう。

それが、「海泥」「薬用炭」が配合されているからです。

「海泥」は、数千万年前の海洋動植物が海底に埋没堆積し、長い年月を経て分解・代謝

再合成を繰り返してできた「海の泥」です。

ミネラル成分が豊富で軟質多孔性の物質です。

毛穴の奥に溜まった汚れや老廃物や、過剰に分泌された皮脂も取り除くことが出来ます。

そして、豊富なミネラル成分が髪の毛の為にも有効です。

「薬用炭」は、木炭の持つ吸着力や脱臭力を強化した炭で、ミネラルも豊富です。

「海泥」と同じように、毛穴の古い皮脂汚れを吸着し綺麗に取り除き、抜毛・細毛を

防ぐ働きもあります。

「酵素」は特許取得のパパイアの液体酵素で、古い角質を優しく落とし、加齢で乱れた

ターンオーバーを整えて健やかな頭皮へと導きます。

頭皮ケアはとても重要な事です。

毎日シャンプーしても、頭皮に汚れが残っているようでは、美しく健康な髪の毛は

育ちません。

CA101シャンプーは、頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分に加え、上記のような

「海泥」「薬用炭」「酵素」といった、天然洗浄成分を配合し、頭皮環境を改善し

ハリ・コシのある元気で美しい髪の毛を育むのです。

CA101シャンプーは、私の髪の毛をボリュームアップしてくれました !(^^)

2-3日では分かりません。

ですが、10日も使うと分かりました。

まず、頭皮がすごく気持ちいいんです。爽快感が違います。

少し、泡立ちが悪いかと感じた事もありましたが、シャンプーの前の予洗いを充分に

すると、しっかりと泡立つので大丈夫です。

指の腹を頭皮に密着させて、揉むように洗います。

頭皮はこすらず、指の腹で頭皮を動かすのがポイントです。

わたしは、まだ抜毛・薄毛のトラブルには見舞われていませんが、やはりボリュームが

なくなりました。

そこで、CA101シャンプーはを愛用しているのですが、根元からの立ち上がりが

ピンとしてきたように思います。

最近、ちょっと髪の毛が元気がなくなったと感じ始めたら、迷わずCA101シャンプーを

お試しください!!

今なら、お得な定期便もありますよ。

年齢に負けない美しい髪を保つには、早いお手入れが大切ですよ。

是非、CA101シャンプーの素晴らしさをお試しくださいね (^^♪

CA101シャンプーの公式サイトはこちらからどうぞ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする